本文へスキップします。

H1

指定自動車整備事業者の皆様へのお願い

コンテンツ

指定自動車整備事業者の皆様へのお願い

日整連

 最近、鉄道保線用自動車について、自動車検査証に記載の車両重量を超過している例が見受けられることから、各運輸支局等においては、現在、「鉄道事業者等」が使用している鉄道保線用自動車の実態調査を実施しております。

 また、鉄道保線用自動車が継続検査のため運輸支局等に持込まれた場合、全ての自動車について重量測定等を実施し、自動車検査証記載の車両重量と持込まれた自動車の状態に相違がないことを確認しております。

 このような状況から、指定整備事業場にも自動車検査証の車両重量を超過した車両重量の鉄道保線用自動車が、継続検査のために入庫することが予測されます。

 指定整備事業者の皆様におかれましては、当分の間、継続検査の依頼者に対し、当該鉄道保線用自動車が運輸支局等で車両重量等の確認を受けたものであることを証する書面等の提出を求めて頂き、車両重量の相違がないことを確認したうえで指定整備の取扱を行うようお願い致します。

 また、支局等の確認を受けていない鉄道保線用自動車であることが判明した場合には、速やかに確認を受けるよう措置して下さるようお願い致します。