本文へスキップします。

H1

不正改造車を排除する運動

コンテンツ

平成30年度「不正改造車を排除する運動」について

平成30年度「不正改造車を排除する運動」について、国土交通省と不正改造防止推進協議会は、関係省庁や自動車関係団体等の協力を得て、道路交通の安全確保、公害防止を図るための一環として、6月1日(金)~30日(土)までの1ヶ月間を強化月間として「不正改造車を排除する運動」を全国的に展開します。本運動は、国民に対して不正改造の防止、不正改造車の排除を呼びかけるために平成2年度から毎年実施しているもので、今年で29回目を迎えます。

目 的

 自動車の保有台数は、平成29年12月末現在で8,195万台を超えており、自動車が国民生活にとって欠かすことのできない移動・輸送手段となっております。一方、昨年の交通事故による死者数は3,694人、負傷者数は58万人と減少しているものの、依然として多くの方が被害に遭われている厳しい状況が続いております。また、負傷者の中には、本人と家族の人生を一変させるほどの重度の後遺障害を負う人もなお多い状況です。
 さらに、我が国の大気環境については、近年環境基準の達成状況に改善傾向がみられるものの、二酸化窒素(NO2)及び浮遊粒子状物質(SPM)の環境基準が達成されていない地域が依然として残っている状況にあります。
 さらに、自動車交通騒音に係る環境基準達成状況についても、近年、全体としては緩やかな改善傾向であるものの、幹線道路に近接する空間においては改善すべき余地が依然として大きく、未だ苦情も寄せられている状況にあります。
 このような状況の中、暴走行為、過積載等を目的とした不正改造車は、安全を脅かし道路交通の秩序を乱すとともに環境悪化の要因ともなっております。
 特に、部品の取付けや取外しによって保安基準に適合しなくなっても、違法であるとの認識のないままに改造を行っている自動車使用者や、その意を受けて車検時には基準適合していても車検後に部品の取付けや取外しをする不正改造や検査での合格を強要する悪質な事業者もいる状況である。また、平成29年2月15日、京都府警が速度抑制装置の不正改造をほう助したとして、速度抑制装置の改変を行う部品を販売した被疑者を逮捕した事案や同年11月15日、千葉県警がシートベルト警報装置の不正改造として、シートベルト警報装置を解除する用品を使用していた被疑者を逮捕した事案も発生しています。
 このため、「不正改造車を排除する運動」を全国的に展開することにより、不正改造についての認知度を高めるとともに、車両の安全確保・環境保全を図り、ひいては国民の安全・安心の確保を確実に実現します。

※画像をクリックすると、PDFデータで拡大表示できます。

実施機関

国土交通省、不正改造防止推進協議会(自動車関係33団体で構成)
後援:内閣府、警察庁、農林水産省、経済産業省、環境省
協力:独立行政法人自動車技術総合機構、軽自動車検査協会

実施期間

平成30年度1年間
[ 強化月間:平成30年6月1日(金)~6月30日(土)までの1ヶ月間 ]

重点実施事項

1.重要排除項目
(1) マフラーの切断・取外し及び騒音低減機構を容易に取り外せる等の基準不適合マフラー装着
(2) タイヤ及びホイール(回転部分)の車体外へのはみ出し
(3) 大型貨物自動車の速度抑制装置の取外し、解除又は不正な改造、変更等
(4) シートベルト警報装置を解除する用品等の取付け  
2.基本排除項目
(1) 前面ガラス並びに運転者席及び助手席の窓ガラスへの着色フィルム等の貼付(貼付状態で可視光線透過率70%未満)
(2) 前面ガラスへの装飾板の装着

(3)

直前直左の周辺状況を確認するための鏡、又はカメラ及び画像表示装置の取外し

 
(4) 灯光の色が不適切な灯火器及び回転灯等の取付け並びに保安基準上、装備が義務化されている灯火器(例:側面方向指示器)の取外し  
(5) 土砂等を運搬するダンプ車の荷台にさし枠の取付け及びリアバンパ(突入防止装置)の切断・取外し  
(6) 基準外のウイング(エア・スポイラ)の取付け  
(7) 不正な二次架装

 
(8) ディーゼル黒煙を悪化させる燃料噴射ポンプの封印の取外し  
(9) 不正軽油燃料の使用  

◎平成30年度「不正改造車を排除する運動」の詳細はこちらの[不正改造防止]をご参照ください。
  http://www.tenken-seibi.com/index.html