本文へスキップします。

H1

個人情報保護法とは?

コンテンツ


個人情報保護法とは?

近年、経済・社会の情報化の進展に伴い、コンピュ-タやネットワ-クを利用して大量の個人情報が処理されています。こうした個人情報の取扱いは、今後ますます拡大していくものと予想されますが、個人情報は一度誤った取扱いをされると、個人に取り返しのつかない被害を及ぼす恐れがあります。

このようなことから、個人情報の有用性に配慮しながら個人の権利と利益を保護することを目的に平成15年5月に公布された法律で、平成17年4月1日から全面施行されました。


個人情報保護法の対象となる事業者とは?

個人情報保護法の対象となる事業者は、その事業の用に供する電子ファイル又は紙ファイルの個人情報データベース等を構成する個人情報によって識別される特定の個人の数の合計が、過去6ヶ月間のいずれかの日において5,000人を超えている事業者(個人情報取扱事業者)です。


個人情報とは?

個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、その情報に含まれる特定の個人を識別することができるもの、または他の情報と容易に照合することにより特定の個人を識別することができるものをいいます。

例えば、車検証、受注書、免許証など、特定の個人を識別できる氏名、住所などが記載されているものは個人情報となります。