本文へスキップします。

H1

自動車整備新技術 学科研修用

スマホ対応版

本書は、整備主任者研修の技術研修を実施するための研修教材です。国土交通省自動車局の監修を頂き、最近一年間に自動車メーカー各社が発表した新機構・新装置の代表的なものについての構造・機能の内容を掲載しております。

A4判 334頁 定価 1,150円

目次

【新機構・新装置】
 いすゞ自動車株式会社:ドライバ異常時対応システム
           (EDSS:Emergency Driving Stop System)

 スズキ株式会社:全方位モニタ

 株式会社 SUBARU:新世代 EyeSight、高度運転支援機能(EyeSight X)

 トヨタ自動車株式会社:アドバンストドライブ

 日産自動車株式会社:新世代 e-POWER

 本田技研工業株式会社:
   Ⅰ 安全運転支援システム(新型シビック)
   Ⅱ 2020 年モデル CBR1000RR-R FIREBLADE

 マツダ株式会社:EV システム

 三菱自動車工業株式会社:エクリプスクロス PHEV(燃料蒸発ガス排出抑止装置)

 日野自動車株式会社:レンジャー搭載 EDSS・SAMS

 UD トラックス:
   Ⅰ UD アクティブステアリング(UDAS)
   Ⅱ 車線逸脱抑制機能(LDP)