本文へスキップします。

H1

外国人技能評価試験

コンテンツ

外国人自動車整備技能実習評価試験

 一般社団法人日本自動車整備振興会連合会では、外国人技能実習制度に「自動車整備」を職種追加するための取組を進め、外国人自動車整備技能実習評価試験ついて、厚生労働省から認定され、第2号技能実習行対象職種として「自動車整備職種(自動車整備作業)」の追加が平成28年4月1日に官報公示されました。
 また、平成29年11月1日から上級試験が行えるようになりました。

※技能実習制度は、国際貢献のため、開発途上国等の外国人を日本で一定期間(最長5年間)に限り受け入れ、OJTを通じて技能を移転する制度です。

外国人技能実習制度等については、次のHPをご参照下さい。

表示

1. 外国人自動車整備技能実習評価試験について

(1)試験実施機関

 一般社団法人 日本自動車整備振興会連合会(以下「日整連」という。)

(2)対象職種・作業

 自動車整備職種・自動車整備作業

 注 自動車整備職種(自動車整備作業)での受け入れは、

  • 道路運送車両法第78条に基づき、地方運輸局長から認証を受けた自動車分解整備事業場であること
  • 対象とする自動車の種類が二輪自動車のみでないこと
  • 対象とする装置の種類が限定されていないこと

  等の要件を満たしている実習実施者が対象となります。
  ※国土交通省告示第386号(平成29年4月28日)参照

(3)技能実習評価試験の名称

 外国人自動車整備技能実習評価試験(初級・専門級・上級)

(4)実施時期

 外国人技能実習機構から回付された「受験申請連絡票」の受験希望日を参考に受験日時を決定します。
 なお、希望日以外の受験日が設定されることがあります。

(5)試験実施場所

 各地方自動車整備振興会で実施します。 → ※各地方自動車整備振興会の住所

(6)受験料(毎年度当初に決定)

 平成29年度の受験料

  初級 専門級 上級
学科試験 34,000円 34,000円 34,000円
実技試験 34,000円 34,000円 34,000円

 

 なお、受験料以外に別途試験実施に係る実費等を徴収することがあります。
 また、試験予定日当日を含め3日以内のキャンセルについては、受験料を返納しません。
 変更については、変更に伴う諸手数料を別途請求する場合があります。

2. 試験のレベルについて

3. 受験申請について

 自動車整備技能実習評価試験の受験申請等について

4. 試験について

(1)試験の範囲

  厚生労働省HP参照

(2)試験問題

  学科試験問題(初級)の例

  実技試験問題(初級)

  学科試験問題(専門級)の例(準備中)

  実技試験問題(専門級)(準備中)

  学科試験問題(上級)の例(準備中)

  実技試験問題(上級)(準備中)

(3)その他

  自動車整備技能実習評価試験(初級)におけるローマ字表記

  外国人自動車整備技能実習評価試験の注意事項

5. 参考資料

※自動車整備作業(初級・専門級・上級)については、日整連が発行している自動車整備士の養成施設で使用する教科書があります。 購入は、最寄りの自動車整備振興会にお訪ねください。

  • 基礎自動車工学
  • 基礎自動車整備作業
  • 三級自動車ガソリン・エンジン
  • 三級自動車ジーゼル・エンジン
  • 三級自動車シャシ
  • 自動車定期点検整備の手引き

発刊行物一覧ページ

  外国人技能実習制度自動車整備職種安全衛生教本